サーチュインの効果

サーチュイン遺伝子というのがあります。これは抗老化遺伝子と呼ばれており、寿命が延びるとされている遺伝子です。寿命以外にも効果があるのですが、それも踏まえてNMNはサーチュイン遺伝子の機能を底上げすることが出来るということがわかりました。それについて紹介していきます。

薬飲むサーチュイン遺伝子とNMNは寿命を延ばすためにあると良いものとなっています。上記でも説明したようにサーチュイン遺伝子をNMNが底上げすることができるようになっているので、より効果を実感することができるようになっています。この二つがあることで「長寿遺伝子」と言われている遺伝子となり、若返りに繋がるようになっています。

通常サーチュイン遺伝子は休眠状態で存在しています。そして飢餓状態になることで活性化して生き延びるためのスイッチが入るのです。この活性化というのがポイントとなっており、それをどうにか出来ないかと考えていました。そこでNMNというのが出てきて飢餓状態ではありませんが、サーチュイン遺伝子を動かすために必要なNADという物質をNMNが作り出すことがわかりました。これによりサーチュイン遺伝子を動かして活性化させることができるようになるのです。

このようにサーチュイン遺伝とNMNを使うことでより効果的に若返りができるようになりました。今後更なる研究によりより効果を高くすることができるでしょう。